プロフィール

発達障害ACみどり

発達障害について記事を書いています。

発達障害を医師や専門家の立場からではなく、身近な当事者としての立場から発信してまいります。

ブログを始めるきっかけと主旨が重なりますが、発達障害による悲劇を少しでもへらしたいと日々思い続けてきました。

多くは、定形発達(健常者)と発達障害の捉え方や感じ方、性質が大きく違うことから特に密接な親子、夫婦間で摩擦がおこっています。

機能不全家族には原因があります。そしてACも機能不全家族をつくります。

発達障害は今でも多くの人に正しく認識されていません。

軽度であれば障害というより個性、性格のようにみえます。

そして10人に一人いるといわれます。

発達障害の人は認識がないために自ら崩壊の一途をたどります。

分からない障害、やめられない障害ともいえる発達障害の生きづらさは、現代の多くの人の生きづらさに関係しています

それは、家族や職場、社会へ、そして貧困や自殺の問題にも深く関係しています。

また本人、家族が、生きづらさを生涯ぬぐえなかったり、短命になることもあります。

人間関係がうまくいかない特性は、次の世代にもそのまま受け継がれます。

自分一人のことで終わらないのです。

10人に一人という割合が示しています。他人事ではありません。

多くは、厳しい社会に出て心が病むのではありません。

発達障害が認知され始めたのはここ最近で、このことは現在まで繰り返され続けてきました。

誰もが例外なく幸せを求めているのに、なぜかうまくいかない。

自暴自棄になる前に、まわりの人の理解と支え、協力も必要です。

障害は自ら望んでなったのではないのです。

しかし、事の重大さが分からない問題に関しては放置できません。

障害特性による家族や周囲との諍いや軋轢を、そして機能不全家族による子供の犠牲をこれ以上生まないように、

また、自信喪失による自傷行為などの二次障害を防ぐため、障害が広く理解されることが社会全体でできることです。

残念なことは、決して本人の故意ではないということです。

全て認知の問題、そして健常者との異なる性質によって引きおこされています。

こうした悪循環、連鎖を繰り返さないよう、先に生き経験したものが伝えていくことです。

そしてこの現状を伝え、変えていくには実績が必要なため、ブログの応援、Twitterの拡散、リピートをよろしくお願致します。

このことを広めるため、多くの方のご協力をよろしくお願い致します。

東京都在住  趣味:料理、読書