大人のADHD  病院の探し方と実績で有名な発達障害おすすめの専門病院

もしかして自分がADHDかもしれないと思ったら、病院へ行き事実を知ることは重要です。

発達障害は適切な治療で、完治はしませんが症状を改善することが可能です。

それが長い時期の疑問や悩みであったなら、前へ進むために診察を受けることをおすすめします。

ADHDであったとしても、長年の疑問を解明し肩の荷をおろすことで次の新たなスタートにつながります。

  大人のADHDかな?と思ったら病院に行くべき?

発達障害の症状は,勉強や家事、仕事などに支障をきたし精神的なダメージによる2次障害(うつ病 不眠 アルコール依存など)に至ることもあります

家族との不和や会社での人間関係のトラブルなど、病院の指導を受けることにより大人のADHDの障害特性を理解し対処方法を学べます。

家族の理解を得てお互いのストレスが以前より減ったという事例も多くあります。

反対に家族が気付いて本人を診療させようとしても、本人が行かないこともあります。

 おすすめ 病院の探し方

病院に行くことにすごく抵抗があったり、なかなか行くことが出来ない場合、発達障害の書籍を読むのもよいです。

治療方法も書かれてますので、診てもらいたい医師や病院を前もって自分で選択も出来ます。

何も知識も持たずに病院へ行くより、前もって医師への質問をまとめたり、何よりも心の準備ができます。

そして発達障害の診断を受けたとしても、より理解も早く建設的に治療を受けられます。

また、どこの病院を選択するかも重要です。

現在でも、発達障害を診れる専門外来のある病院やクリニックもまだまだ少ないというのが現状です。

障害が複数に併発している場合、診断が困難で誤診で治療効果も上がらず、患者が治療を断念することもあります。

いくつかの病院を転々と移り、結局のところ専門の外来のある病院で診断を受けることはよくあることです。

こちらの記事もご覧ください→ADHDは親からの遺伝が主な原因 ADHD親はどういう人?子どもの確率は?

 いざ大人ADHDの病院を選ぶ際に

まずはネットで検索するのが一般的です。

大人の発達障害のおすすめの病院とある国立病院の相談窓口で聞くと、特に専門外来は設けてなく近くの専門病院を勧められました。

そして、他の病院でも発達障害であるか分からないこともあります。

大人の発達障害ADHDであるか治療も含めて診療を受けたい場合、発達障害を診れる専門医師による診断が必要です。

専門外来のある病院においては、外来診療と合わせて対人関係のスキルを身につけ、就労や復職に向けたプログラムも受けることが出来ます。

しかしそういった病院は非常にまだ少なく限られ、予約が取れるのも2か月待ちというのは普通です。

予約の際に母子手帳や通知表など持参するとよいです。



 大人の発達障害 実績で有名な専門病院

  • 昭和大学付属烏山病院
  • 東京都立 松沢病院
  • 晴和病院

こちらの記事もご覧ください→大人ADHDの症状か?性格か?診断を受け治療をする 他人事ではない

こちらの記事もご覧ください→大人のためのADHD診断チェックポイント 職場タイプ4人の実例