身近な発達障害 大人の女性ADHDの特徴について

もしかして、母が、娘が、上司が、ADHDかもしれない。

分かってもらえない、つい言い争いになる、言いだしたらきかない、けんか別れになる このようなことが多い。

大人の女性ADHDの特徴を、性格と捉えられがちですが特性の症状です。

両極の側面を持つADHDの特性をよく知ることで、トラブルを前もって回避しやすくなります。

 大人ADHDの魅力

  1.  明るく爽やかでポジティブ、常に前進 過去を振り返らない
  2.  対人緊張がなく、堂々としている
  3.  プレゼン能力が高い(自己アピール)

確固たる自己をもち、失敗を恐れずに挑戦し続けるパワーや行動力は群を抜く。

 魅力 対極にあるもの

彼らはなぜ、人生においての重要な選択をもためらわずに決断し、失敗しながらもひるまずに挑戦しつづけるのでしょうか。

「彼らはためらわずに決断し突進を繰り返すのであるが、その過剰な試みは、新しい活路を切り開く契機になる。」
大人のADHD:もっとも身近な発達障害 岩波明

メタ認知、他者認知が弱く人の心情が理解できない。心の痛みを感じにくい

失敗しても問題が分からず、欲求に行動し、それを阻むものは人であれあっさり切り捨てる。

一点の迷いのない冷淡な自己主義者と未熟な子供が混在し、屈託のない明るさで人を惹きつける。

常に選択は一つ、即断即決、子供の言動と同様である。

しばし、それは大人の潔さと捉えられる。

 大人ADHD女性の特徴

ADHDは不注意、多動性、衝動性があり、多くが大人になるにつれて多動・衝動がおさまる。

不注意優勢型 軽度で分かりにくい。

  •  共感性に欠け、反応が乏しい
  •  ぼーとして、穏やかな印象

多動衝動性優勢型 多動が目立ちトラブルが多い

  •  白黒はっきりしている(好き嫌い)
  •  仲間意識が強く一緒を強いる(嫉妬が強い)
  •  意にそわなければ態度が翻る(切り捨てる)
  •  衝動性(攻撃的、耐性に弱い)
  •  自分が常に正しく相手を攻めやすい

こちらの記事もご覧ください→ADHDは遺伝が主な原因 ADHD親の特徴と子どもの確率

こちらの記事もご覧ください→不幸な疾患ADHD。恋愛も結婚も長続きしない!大人発達障害の特徴



 まとめ

率直で思ったそのままを口にし、一方的で何でも度が過ぎる。

諭しても、それのいったい何が悪いのという具合でキレるたりする。

上から口調で、時に激しく人をとことん責める。

大人の女性ADHDとはどう付き合うかは、振り回されず、許容範囲の境界線を示すことです。

しかし職場や家族で、上の立場である場合は困難を極めます。

すぐに人と打ち解けるの半面、一旦親しくなると距離感が無くなる人もいます。

説明しても全面否定として受け、足もとをすくわれることにもなる。

決して否定せず、距離をとることも一つです。