ADHD遺伝の確率と原因 兄弟の違いは?起こりうる問題とは?

ADHDは先天的な遺伝の原因が80%といわれます。

両親共にADHDの場合54%、片方のみの場合は50%

遺伝的な原因があっても必ず発症するとは限りません。

兄弟姉妹でADHDと定型発達(健常者)がいます。

定形発達の子どもでもADHDの親から育てられた影響でADHDと同じ症状がでることがあります。

ADHD親と同じ生きづらさや二次障害も伴いやすい。

 ADHDの原因

ADHDは、遺伝的原因で発症する確率が80%と言われます。

遺伝的な原因があるからといって必ず発症するとは限りません。

  •  遺伝的原因

親からの遺伝が原因。

  •  環境的原因

妊娠中の異常(妊娠中毒症、母親のストレス)

出生時の父親の年齢が高い

出生時の異常(未熟児、低体重出生)

出生後の感染症 乳幼児期の病気

  •  後天的原因

機能不全家族による虐待ネグレストが原因です。

定形発達(健常者)の子供も、ADHDと似たような症状を示す。

二次障害も起こしやすい。

これらの原因によって、言葉や社会性、運動機能、感情のコントロールがの発達が未熟でアンバランスになる。

こちらの記事もご覧ください→後天的原因とは? 子をADHDにするADHD親の支配コントロールとは?

 ADHD遺伝の割合

アメリカで行われたある調査の結果です。

両親共ににADHDがあると、そのこどもにADHDが遺伝する確率は54%.

父親か母親のどちらかにADHDがあると、その子どもがADHDが遺伝する確率は50

兄弟姉妹にADHDのこどもがいる場合、いない場合に比べ25%~35%上がる(5~7倍の率で発症する)

 ADHD親の子ども 兄弟の違い

ADHD親は支配的で、子供を干渉、束縛しやすい。

その延長が子供への虐待である。(精神的な虐待も含む)

ADHDの多動・衝動性、抑制能力の欠如、ストレス耐性が低いことが原因です。

子供を支配コントロールし、自分の意に反する場合激しく責める。

ADHD

子ども 1

ADHD親より

   重度

親のコントロールは効かず、心配や面倒をかける

大人になって親との関係は悪化

決裂することが多い

ADHD

子ども 2

ADHD親より

   軽度

親を崇拝し、従順で仲が良い

(親に似て認知に欠ける)

親への反抗期もストレスもない

定形発達

子ども 3

健常者 思春期頃から親に反発

親への不信は大きい

親から受けた傷が深い(AC)

恋愛や結婚にも影響

親と距離をとる

親による子供への影響は、それぞれの条件により異なってきます。

  • 親と子が密接な状況であるか
  • 子供が放置されている状態が多いか
  • 保育園に預けられているか、

虐待の頻度によっても異なる。

子供が発達障害か定形発達(健常者)かでも違いがある。

 ADHDの特徴

ADHDは、注意欠陥多動性障害といい下記の3つの特徴があります。

不注意 - 注意散漫で適切に集中させることが出来ない

多動 - 落ち着きがなくじっとしていられない

衝動性 - 気になったらすぐ体が動いてしまう、すぐカッとなる

 ADHD 問題点

ADHDをはじめとする発達障害の人は人間関係である。

本人の生きずらさより、一番近い関係の家族への影響は大きい。

自己、他者認知が低い(不注意)
せっかちで待つことができない(多動性)
何事においても自己抑制力が低い(衝動性)
ストレス耐性が低い

発達障害の人は認知に欠け、判断や認識にズレがあります。

特に相手への理解に乏しく、一方的な行動をとりやすい。

問題の本質が分からず、人の注意や助言は受け入れず反抗的になることがあります。

人間関係が続かず自尊心が低い。日頃からやストレスを抱えている。



ADHD 課題

ADHDの人は大人になっても、周りを考えずにしたいことを優先します

衝動性から、後先考えず言動し人生においても重大な失敗が多い。

耐性が弱く感情がストレートにあらわれやすい。

また、自己主張が強く自分を曲げないことから、周りから自己中心ととられやすい。

0か100の両極でダメなら終わりで、融通もききません。

家族をはじめADHDに関わる人はどう対応すべきなのでしょうか。

ADHDのある子供は、行動のみならず、言葉、感情、遊び、記憶、思考など、人の精神活動の多くの制御が不十分で未発達な状態にあります。

いかに自己制御機能を高めるかが指導のポイントになると述べています。

さらに、事前に言い聞かせても、いざとなると自己制御力が利かず、その場で即指導しなければ、効果的でないとも述べています。

ADHDのある子供の指導にはスピードが求められます。即決して正しい方向へ導かねばなりません。

教師としても、親としてもかなり熟練が必要です。対応のスピードを上げるには、十分にADHDを理解し、起こる可能性のある種々の場面を想定し、その状況に備えなければなりません

何事も不意を突かれてはとっさの判断と対処が難しくなります。「想定の範囲」を広くし、どう対応するか、頭の中でも練習して、整理しておくことです。

P111 イラスト版ADHDのともだちを理解する本 こんなときこうする、みんなでなかよし応援団 腹 仁 + 笹森洋樹  P111

上記は,ADHD子どもの自己制御機能を高める指導のポイントです。

ADHDの大人(親、夫婦、姑、職場の先輩、上司)にも参考にできる。

 将来起こりやすい問題

ADHDの親から育てられた影響で、子供もADHDと同じ症状がでることが多い

つまり、親だけの問題にとどまらず子供の人生にも大きく影響する。

下記のとおりです。

  • 子供

万引き、火遊び、事故、いじめ問題

  • 思春期

非行、不登校、援助交際、不倫、中絶、ニート、事故(男子に多い)

  • 大人

不倫、離婚、薬物、アルコール中毒、DV、虐待、買い物依存、ギャンブル、無職、うつ、貧困、自殺、犯罪

こちらの記事もご覧ください→ADHDは遺伝が主な原因 ADHD親の特徴と子どもの確率

 ADHDの対処法

起こりうる不測の事態を前もって想定し備えることは、ADHD大人にも欠かせません。

ADHDは、大人になっても事の重大性が分からず、道理を踏み外しやすい。

例えば、浮気、不倫などを平然と行い何度でも繰り返します。

こうした場合、前もって証拠を取り、起こるべき行動を把握して対処を考える必要がある。

またADHDの特性から、話し合いや言及、説明そして常識や道徳心に訴えることもあまり意味がない。

問題がそれ以上大きくならないよう(事が発展、既成事実を作らせない)する。

本人を決して否定せず端的に短く、その行動に関してに冷静に言及します。

ADHDは人を見て高圧的な態度になりやすく、気を許さず毅然とした態度が重要です。

こちらの記事もご覧ください→脳の機能不全による原因のADHDは改善できる!正しい対処法とは?

 まとめ

発達障害であるADHDは、認識されてからまだ20数年ぐらいでまだまだ知られていません。

ADHDは遺伝による原因が多く、親も子もADHDであるかをみていくとよいでしょう。

ADHDで困難を抱えているならば、早めに専門の医師に見てもらうことをおすすめします。

正しい知識を得ることにより、二次障害を防ぐなど無用なストレスから解放されます。

改善できることは多く、何よりも本人だけではなく家族のためなのです。

こちらの記事もご覧ください→大人のADHD  病院の探し方と実績で有名な発達障害おすすめの専門病院