ADHDは遺伝が主な原因 ADHD親の特徴と子どもの確率

ADHDの80%は親からの遺伝が原因であり、親の育て方ではありません。

そして親がADHDであっても必ず子供が遺伝するとは限りません。

ADHDの親はどういう特徴があるのでしょうか。

 ADHD遺伝の割合

両親共にADHDがあると、その子どもにADHDが遺伝する確率は54%

父親か母親のどちらかにADHDがあると、その子どもがADHDが遺伝する確率は50%

兄弟姉妹にADHDのこどもがいる場合、いない場合に比べ25%~35%上がる(5~7倍の率で発症する)

(アメリカで行われた調査結果より)

 ADHDの原因

ADHDは遺伝的原因で発症する確率が80%といわれます。

その他、環境的原因は以下のとおりです。

  •  妊娠中の異常(妊娠中毒症、母親のストレス)
  •  出生時の父親の年齢
  •  出生時の異常(未熟児、低体重出生)
  •  出生後の感染症 乳幼児期の病気

* 機能不全家族による虐待やネグレスト(ADHDと似たような症状を示す。二次障害も起こしやすい)

これらの原因によって、言葉や社会性、運動機能、感情のコントロールがの発達が未熟でアンバランスになる。

遺伝的な原因があるからといって必ず発症するとは限りません。

 ADHDとは

発達障害は主に、ADHD(注意欠陥多動性障害)ASD(自閉症スペクトラム障害)です。

ADHDは、不注意、多動、衝動性、の特徴から

不注意優勢型  多動・衝動性優勢型  混合型

の3つにタイプに分けられます。

 ADHDの特徴

不注意

注意散漫で集中力が続かない。最後まで物事をやりきれない。

家事や仕事の段取りが苦手。やるべきことを後回しにしやすい。

多動性

せっかちでじっとしていられず、そわそわ落ち着きがない。

いらいらしやすく感情の起伏が激しい。

考えずに思いついたことを言う。

一方的な言動になりやすい。

衝動性

結果を考えずに行動しやすい。

耐性が弱くキレやすい。

こちらの記事もご覧ください→ADHD遺伝の確率と原因 兄弟の違いは?起こりうる問題とは?

 ADHD親の特徴

共感性に欠け、興味以外に反応が乏しく、人の話を長く聞けません。

多動衝動性優勢型の人は、自己、他者認知に欠け一方的にふるまいになりやすい。

そのため短絡的な言動を取りやすく、人間関係が長く続きしにくかったりします。

(他人の痛みが分からない冷淡さと幼さが混在している)

多動衝動性優勢型のADHDの親は、家族や子供の将来に影響を与えやすい。

 


 ADHD親の問題点

不注意優勢型 親

温厚でおっとりしていている。意志は強い。

子どもに強いることも少ない。

多動・衝動性優勢型 親

人当たりが良いが、せっかちで、感情の起伏が激しい。

常に自分が正しく、上から目線で相手を責めやすい。

思い込みが強く、。

 子どもへの影響

ADHD多動衝動優勢型のは特に、耐性に弱く衝動性から子どもを責めやすいことがあります。

また、自分が理解出来ないことを受け入れられず、認知に偏りがあるといわれます。

親に追い詰められた子どもは、自尊心が育ちにくい。

親の影響を簡単には払拭しにくく、生きづらさを抱えやすい。

こちらの記事もご覧ください→大人のADHD  病院の探し方と実績で有名な発達障害おすすめの専門病院

 まとめ

相手を心情を汲み取ることに乏しいため、思い込みが強く一方的な関りになりやすい。

そのため、親子だけでなく夫婦の関係でも支配的な傾向があります。

十分に甘えることが出来なかった子供は、その後不安定な愛着を抱えやすい。

その子ども(AC)もまた、家族性から同じ子育てをしやすくなります。

こちらの記事もご覧ください→ACも毒親になる!「発達障害ADHD毒親」負の遺産を子へ渡さないように