自己肯定感の回復 自己の感情に向き合う内観とは そして自信へ~

自己肯定感」ほど、人生を左右し重要度が高いものはないといいます。

それほど今、人間関係が希薄になり自己肯定感をもちにくい時代であるのかもしれません。

毒親や機能不全家族、アダルトチルドレンという言葉も浸透し、その原因も自己肯定感の欠落にあります。

また恋愛や結婚においても自己肯定感なくして成り立たず、心の病である依存症の回復にもまた然りです。

しかし「自己肯定感」という実態自体つかみにくいものです。

強い人=高い とは結びつかず、深層にある自己の評価は意外にも違うことがあります。

(我)強い人は、人との対立(失敗)があり自己評価が低いことが多だあります。(いじめ、パワハラ、ワンマン経営者)

自己肯定感が高い人とは、字の意味する通り、様々な否定感情が極力少ない人のことです。

自己肯定感

自己肯定感とは、元々が無の状態を100として減点方式である。(遺伝以外)

初めから自己を卑下したり自信がない人はいないからです。

なので「自己肯定感を上げる」ではなく、正しくは「自己肯定感を回復する」ではないか。

また自己肯定感が高いのには、大きく分けて2通りがある。

一つは、人格形成時期に自己肯定感の高い親に育てられた。

もう一つは、失った自己肯定感をその後、自身の修練によって多く取り戻した。(回復

様々な否定感情

否定自体は、守る、戦う際の不可欠な考え方であって悪いことではありません。

しかし日頃この感情が多ければ、人社会においてマイナスに作用します。

不安、不満、嫉妬、後悔、怒り、失望(の感情)。
嫌い、ダメ、違う、べき、といった否定的な言葉をよく使う、決めつける、馬鹿にする、見下す、責める他。

こちらの記事もご覧ください→思考の歪みである不安の解消の方法には、認知行動療法がある

自己の感情に向き合う内観

人は様々な状況の際、一日のうちにも幾度となく感情が動いています。

美しい景色を見た、好きな音楽に触れた、人に励まされた、共感を得た際。

また、態度の悪い人に遭遇した、中傷を受けた、仕事の不都合、嫌な出来事を回想した際など。

自己肯定感が低いほど、否定の感情が多い傾向にあります。

しかしその際に、否定の感情を否定せずなぜそのような感情になるのかを自分に問いていきます。偽りのない答えが返ってきます。

また深く掘り下げていくほど、認めたくない事実も含め、自分をよく知ることになります。(内観)

このことは意識をしていないだけで実は既に誰もがしていることです。日々選択、決断の連続でその際に自らと対話をしています。

「行動しようか…」→「今その時期ではない」or「今しかない」

「相手に言おうかどうか…」→「相手がどうでるか分からない」or「いや言うべきだ」というように。

自己肯定感の回復

病む人は、否定感情が多く身動き取れない心の状態にあります。

希望を持てない、やる気がでない、怒りやすい、人を好きになれない、信じられないなどです。これでは幸福感を感じにくいわけです。

しかし、自己を内観し自身の負の感情にとことん向き合っていくことで、気付いてくることがあります。

負の感情を抱く人や出来事に、自己の感情を結びつけている

イライラする、不快になる、腹を立てる、落ち込む、不安になる、嫉妬するなどの感情です。

負の感情を抱く人や出来事には、事実として認識するだけでいい。

俯瞰して捉えるということです。このことは感情を抑えることとは違います。

(どうしても許せない相手には、そうせざる得ない見えないその人の背景、事情があると考える)

負の感情は、マイナスエネルギー(毒)で疲弊していきます。毎回感情移入し疲れることをしていたわけです。

自己肯定感の高い人はのことに線引きが出来、容易に感情を揺さぶられない。

動揺せず影響を受けにくい。よって常に安定している。

自分に向き合う効果

効果を少しでも実感できるようになると、変化があらわれてきます。

怒らなくなる、人の嫌いがなくなる → 人を好きになる。

(否定感情が薄まってくると、人の欠点より良い面が必然的にクローズアップされる)

その相乗効果で、感謝できる、優しくなる、楽しくなる、前向きになる、積極的になる、など。

そうはいっても時に感情が高まることはあります。その時は感情を上手く開放することが大切です。

その先にある自信

仕事の成功やお金があることは、自信の一部でしかありません。

また、後から自己を肯定できても、自信も伴わなければ人との関係で実を結びにくい。

自己肯定感が高い、自信がある、とはどう違うのでしょうか。

評価と経験(実績)の違いです。

自己肯定感 → 自分のあり方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意識を肯定できる感情などを意味する語。実用日本語表現辞典

自信 → 自分の才能・価値を信じること。自分自身を信じる心。 三省堂大辞林

自信は過去の経験に基づいて備わっていくもので、単に自分を信じることでは難しい。

の自信とは、人間関係の源である(密接な)親子、結婚後の夫婦の良好な関係(実績)が大元にあります。

(原動力となる家族との関係を築けなかった場合に自信を持ちにくい傾向があります)

つまり自己肯定感は、自己の内面と向き合うだけではなく、人との関わりの過程で構築されていきます。

感謝されたり、認められたり、励まされたり、共感したり、こうした経験の積み重ねが意欲となり自身へと結びついていきます。


自信のもとは親

子供に自信を与えられない親は否定感情が多い。いわゆる毒親です。また暴言や暴力だけが毒親ではありません。

無関心や放置、指示や縛り、強制が多い過干渉の親もそうです。子供を一人のとして認めていない、否定という意味で同じです。

こうした親も機能不全家族に関係していることが多い。の感情は気づかずにいるとそのまま引き継ぎやすい。(アダルトチルドレン)

個々が生きづらさを抱えず自己肯定感を回復するために、自己を見つめていく内観が今とても認められています。

親は初めての子育てで不安がありますが、最も大事なことは親自身の自己肯定感の回復です。

こちらの記事もご覧ください→機能不全家族はなぜ繰り返されるか 依存が隠れる大人の愛着障害とは

まとめ

自分の人格は自分のものであるはずなのに思うようにならない。問題は成人以降も人生に大きく影響を及ぼします。

このことは脳が形づくられる時期の養育環境、つまり親の思考習慣や家庭の不和に関係します。

まずは、個々の一人一人が生きる過程で、周りに何かしらの影響を与えているという自覚を持つことが第一歩なのかもしれません。

こちらの記事もご覧ください→遺伝が主で10%の確率の発達障害 問題は発達より愛着にあった