その浮気、不倫は治らない 発達障害ADHD無関心な夫(妻)の心理

繰り返す浮気には共通点があります。

1、癖 2、良心の欠如 3、心無関心

また、こうした逸脱行為の原因には、充足感が得にくい(報酬系の低下)ことがあります。

後先考えず、発覚しても止まない浮気は、健常者の浮気とは明らかに違うのです。

浮気と不貞

浮気は、一時の気の迷いや火遊びといわれ家庭を壊すつもりはなかったりします。

しかし、止まない浮気は不貞で、人格の問題というより癖(性依存)、障害に多い。

事の重大性が分からない認識は、認知に原因があり、見つからないと過信し何度も発覚する。

前頭前野に脳機能障害があるADHD、知的障害の人は、情緒希薄理性に欠けた行動をとりやすい傾向があります。

家庭を顧みない無責任さは、後に弁護士や調停といった機関を利用せざるえなくなる。

ドキドキが抑止力

普通の人は危険を感じて心臓がバクバクいっているのに、もともと心拍数が低い人は、心拍数がほとんど変わらない。すると、普通の人がどのような不快な気持ちになっているのかが理解しにくい。だから簡単に一線を踏み越えてしまう、言いかえれば心拍数の低い人間は、一般人と同じような感じ方が出来ない。したがって相手への共感性に乏しく、反社会的な行為へのハードルが低くなる。 41~ サイコパス 中野信子

発達障害 陥りやすい行動

自己抑制に欠け、依存性が高くトラブルになりやすいのは、充足感の不足にあります。

家庭問題 → DV、虐待、借金、浮気、不倫、離婚、

依存症 → 買い物依存、ギャンブル、薬物、タバコ、アルコール中毒、性依存

社会的問題 → 無職、うつ、貧困、自殺、犯罪

病態として、実行機能と報酬系という脳機能の低下が考えられています。実行機能とは、①行動を分析し、組み立て、優先順位を付けて行う能力、②一つの情報を記憶しながら他の作業を行う作業記憶(ワーキングメモリー)、③感情、動機、覚醒レベルの自己調整能力、④会話の内在化、の 4 つの機能があります。これらの機能の低下により行動制御の障害が起こり、①何から行動したらいいか判らず順序立てた行動が取れず、すぐに取りかかれない、②情報を保持しながら他の作業が出来ないため、他に注意が向くと前のことを忘れてしまう、③感情を抑えられず爆発しやすく、イライラ感がある、④思ったことがすぐ言葉に出る、などの症状が現れます。報酬系とは、満足感、達成感を得る系です。報酬系の低下により、充足感が不十分で、報酬の強化が十分に出来ないため、待つことを最小限にするための衝動的な行動、注意を他の物にそらし気を紛らわせるなどの代償行動として、多動性や不注意が現れると考えられています。 こころの健康 ADHD(注意欠陥多動性障害)の理解と対応

こちらの記事もご覧ください→イライラして怒りやすいのは脳機能の低下が原因 大人の女性ADHDの特徴

無関心な夫(妻)の心理

浮気を繰り返す人は、他者の感情、心理が理解出来ません。

相手を性の対象や甘えられる(依存)存在として求める傾向や、新しいものに興味(新奇追行傾向)を示していきます。

人なつこく行動的で、熱を上げやすく冷めやすい。情緒的な会話に乏しく、一方的な言動になりやすい。

自分にあてはめて想像できず、こう言ったら相手が不快になるなと過去の経験から予想を立てているにすぎません。

そのため感情の食い違いが多く、夫婦は早い時期に破綻がくる。夫(妻)は日頃から、欲求に率直で自由に行動していきます。

DLPFCは、「恐怖条件付け}「行動の抑制」「道徳的な判断」「中長期的な報酬の選択」「痛みの刺激に対する共感」「自制」などの機能を担っている部分です。計画性や合理性、論理性などを司る領域であり「今これをやってしまったら、あれが台無しになる。だからやめておこう」といった判断を行います。 P93~また、不注意が目立つとか、落ち着きがなく衝動性が抑えられないといった特徴をもつ ADHD (注意欠陥・多動性障害)は、右側の DLPFC の機能不全と関連があることが指摘されています。P94~ サイコパス  中野信子

無関心な夫(妻)の特徴

結婚のトラブルに、女性問題、金銭問題、嫁姑問題があり、共通して自制認識に欠く特徴があります。

  • 女性問題  不倫で離婚に至る
  • 金銭問題  金遣いが荒い、買い物依存、ギャンブル依存など
  • 嫁姑問題  親、子離れできず、パートナーより母(支配型)との絆が強い

夫や親の立場で家族を支え、ず結婚生活が(精神的、経済的)不安定になりやすい(代が継承しない)

浮気夫(妻)の取扱説明書

自分のことしか関心が向かない特性から、良心に訴えても効果はありません。

その場のうそや言い訳、責任転嫁で話し合いになりません。否定して責めれば全面拒否ととらえ、状況を悪化させやすい。

妻は発覚しても気持ちを一旦抑えることです。追い詰めればすぐに耐えられなくなり、暴力に発展することもあります。

浮気が止まない夫と今後も続けていくかどうかです。耐え難くても止まない浮気の根本的解決は難しいでしょう。

自己顕示欲の強い幼い夫を我が子のように愛し徹しきる、もしくは放任するの、2つに一つです。

夫との精神的つながりを求めず割り切られるなら、家庭を守ることが出来ます。が、そんな人生はもっぱらごめん というのであれば確かな証拠をしっかり掴んでおくことが大切です。

エロスの結婚

なぜ結婚をしたのか、その動機に立ち変えざるをえません。

エロスの結婚は、人生の共通の存在目的と存在価値が、全く存在していませんので、不調和と無秩序な夫婦となって、愛を与え合う夫婦ではなく、愛を要求し合う夫婦になってしまいます。中略 すなわち、愛を与え合うのではなくて、愛を奪い合うことによって、虚しくもはかない刹那的な価値観で、「依存と支配と不自由の原則」の共依存と共支配によって、不自由を強要し合い、生きるための生き方で、一生が仕方なく終わっていきます。 ゼロの革命 運命を拓く宇宙の法則  宇場 稔  P187~

こちらの記事もご覧ください→互いの違いを知ることで生きやすくなる 異なる大人の発達障害の特性



まとめ

止まない浮気はモラハラに値し、パートナーにとって死活問題です。しかし一番の犠牲は子どもで、子どもは親の浮気を知っています。

また、その親も同じであったことも多く、機能しない不全家族は繰り返されやすい。

3組に1組が離婚する家族問題は、生活保護や医療費など国の経済も圧迫させています。

こちらの記事もご覧ください→大人発達障害ADHD女性の恋愛が多く結婚が続かない原因

こちらの記事もご覧ください→ADHDの原因は遺伝と環境 子どもの二次障害を防ぐ親の関り

12 件のコメント

  • はじめまして。記事をいろいろ拝見させて頂きました。過去離婚2回モラハラとDVで経験し、現在は15歳年下のADHD男性と3年交際している53歳女性です。現在の彼との関係で悩んでいます。こちらの気持ちに共感してもらえないからか、都合の良いように使われてしまうからか、心の交流が感じで寂しさが伴います。しかし、健常者との関係だと、どんな関係が作れるのか、心の交流ができるのか経験がないため知りません。例を示して教えていただけたらありがたいです。もしかしたら、別れるきっかけが作れるかもしれません。よろしくお願いします。

    • 心の交流とは友人間にもいえることですが、話(意味)が通じ合う、かみ合う、理解し合う、尊重し合う、といったことかと思います。
      一緒にいて楽であったり、楽しい、落ち着く、満たされる、癒される、といった感情に互いが感じられることです。
      一言でいうと安心感です。また会話がないときもそう感じられることです。
      相手に、伝わらない、聞いてくれない、否定される、また話しかけると嫌がられるといった状況がしばしばあると、寂しさや不安を感じます。
      発達障害の妻がよくなる感情です。
      人を見下したり幼い相手に、安心感は求められません。
      自分自身の内面の統合、整えることがまず大切です。

      http://hattatusyougai-ac.com/%E4%B8%8D%E5%AE%89-%E8%A7%A3%E6%B6%88-%E6%96%B9%E6%B3%95/

      よろしければご覧なってみてください。
      ありがとうございます。

  • コメント失礼します。こちらの情報が一番的確でリアルにADHDの事が書かれており勉強になります。
    全て当てはまっています!!
    彼がADHDなのですが、何もかもその通りです。
    情けないです、自分が。。。
    それでもわかって期待している自分が情けないのです。
    病院へ行ってくれたのも、二回だけでお薬も中途半端でやめてしまい。意味がありませんでした、
    本人は、変わる努力などしません。それより、人のせいや嫌な事は後回しにして、言い訳ばかりです
    もしちゃんと病院へ行ったりお薬を飲み続ければ、少しは改善?認知?とかはできるクセはつくのでしょうか??

    • 薬は、症状を抑えるだけで認知できる効果はありません。
      健常者の考えや一般の常識を説得しても、そもそもの認識が健常者と異なります。
      決めつけることはよくありませんが、他者の心情をくみ取ることが難しいのです。
      責めたり、追い詰めることは逆効果になりかねません。
      障害の特性から、相手を変えることは困難であるので、
      ご年代が分かりませんが、反対に相手を許容するということも一つかと思います。

  • 以前にもコメントさせていただきました者ですが、失礼します。
    浮気を何度も何度も繰り返され、別れるのが賢い選択だとわかっていましたが、自分の好きだという感情と相手から謝罪があると許し負けてしまう自分の意志が弱いのですが。
    ADHDの彼の言葉には、何が真実で何が嘘なのかも見極めれないほど自分が弱っていました。
    信じたくて、それ一心で頑張ってきましたが。
    結局は「おまえがやいやいうるさく、ひつこく怒るから家にも帰りたくなくなった!
    結婚もできなかったし、浮気されてもしかたない」と、言われて。
    あげく私とちゃんとお別れする話をのばしたまま、
    新たな彼女をみつけ出会って間もないその彼女と結婚します。。
    こんな人の気持ちがわからない欠落しているのに
    なぜ魅力があるのか、もはやサイコパスではないのかと思えます。
    同じADHDの方でも、症状は様々なのでしょうか?
    ちなみに彼は離婚二回、犯罪歴あり、ただ仕事は真面目です。遅刻はたたありますが、、、

    私は5年近く一緒にいましたが。
    少しマシになったのは、衝動買いはおさまったような気がしますが私が管理していただけだからでしょうか??
    自己破産もしたから、仕方ないく止まってるだけなのでしょうか?
    一生懸命に頑張ってきたつもりでしたが。
    アッサリ彼女をみつけ結婚が決まるだなんて
    私が然り続けたのが、悪かったのか。
    私だから、浮気ばかりされていたのかと悩み自信がなくなります。
    彼は38歳です。この衝動的なADHDは少しマシになったりするのでしょうか、、、

    • 特性なので基本的にかわりません。新しいものに興味を持つ性質と、こじれた関係には特に執着はないので、難しいのではないでしょうか。
      38歳であれば尚更これからです。同じ性質同士であれば、互いに自由に行動しながら干渉せず関係が続くこともあります。

  • まさに、自分のことがかかれてます。
    この記事の夫がまさに自分です。
    自分の特性が嫌で死んでしまいたい事が多くあります。
    それでも、同じことをくりかえしてます。
    嫁にも娘にも嫌われて、、、

    自覚すると辛いです。

    • そうでしたか。特性を認知していてもやめられないのですね。家族や後のことを考えていなかったりしますね。
      不倫などの性依存の自助グループがあります。http://www.sa-japan.org/  

  • ADHD女です。
    36歳、短期間での離婚二回。
    交際も三カ月続きません。
    自分がDVをして相手が厳戒になったり、お互いに不倫して乗り換えたりとかもあります。
    でも、相手が傷つくかなとか、代償は重い、とかはいろいろ考えてある程度抑えられた部分もあります。

    • そうですね。自分がされたら嫌だと思うことを相手にもしないというシンプルなことですね。
      衝動的にならず、一旦落ち着いてみるよう習慣にされてみてはいかがでしょうか。

  • 主人がADHDと自閉症スペクトラムを併発しています。主人の度重なる浮気で自殺まで考えました。『罪悪感はない。』『浮気したのはお前のせいだ。』と言われ自分を責め続けていた時に、こちらのサイトに出会い心が救われました。主人は会社を経営していて周囲の評価は最高です。私の母でさえ『あんないい人は居ないわよ。』とわかってもらえずカサンドラ症候群に陥っています。ずっと主人からの愛を感じたことがなかったのに、いつか愛してもらえるかも。と20歳から21年間主人に尽くしてきました。でも、こちらのサイトに出会い心が救われたと同時にADHDは障害だから治らない。もう離婚しようと決意しました。私を救ってくれたお礼をお伝えしたくてコメントをさせて頂きました。私と同じ悩みを持っている方が一人でも多く、このサイトがきっかけで救われることを願っております。

    • 石田さん、コメントありがとうございます。辛いことが起きるのは、人生の転機の前兆ともいわれます。幸せになるために手放すといえますね。傷つかれたご経験も無駄ではないと思います。同じ悩みを持つ人はたくさんいます。私も夫、父、母の度重なる異性関係に振り回され長い間傷ついてきました。しかし原因を知って、仕方がなかったと今では思えます。ご主人からのご卒業です。石田さんのご決意に、共感、勇気を得て前へ進まれる方がいらっしゃると思います。こちらこそありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です