その浮気、不倫は治らない 発達障害ADHD無関心な夫の心理

止まない浮気は発達障害に原因があり、これには取扱説明書があります。

そして3つに起因する。

1、癖である 2、良心の欠如 3、人に無関心

人に無関心とは主に、アスペルガー、ADHD、知的障害の発達障害です。

前頭前野に脳機能障害がある発達障害は、感情が希薄理性に欠けた行動をとりやすい。

後先を考えず、また浮気が発覚しても罪悪感を感じず繰り返します。

止まない浮気は確信犯で、健常者の浮気とは明らかに違いがあります。

そして機能不全家族やうまくいかない夫婦につきものです。

浮気と不貞

浮気は、一時の気の迷いや火遊びなどといわれますが家庭を壊すつもりはなかったりします。

しかし止まない浮気は不貞であり、人格に問題があるというより癖、障害があります。

浅はかで事の重大性が分からない認識は、発達障害の認知に原因があります。

認知に欠いた自己の感覚から、見つからないと過信し発覚する。

それは浮気後の家庭を顧みない無責任な行動からも分かるのです。

謝罪の気持ちはなく、その後、弁護士や調停といった機関を利用せざるえなくなる。

発達障害が陥りやすい行動

発達障害は、自己抑制の欠如から依存性が高くトラブルが多くなりやすい。

家庭問題 → DV、虐待、借金、浮気、不倫、離婚、

依存症 → 買い物依存、ギャンブル、薬物、タバコ、アルコール中毒、性依存

社会的問題 → 無職、うつ、貧困、自殺、犯罪

発達障害ADHD無関心な夫(妻)の心理

発達障害の人は他者の感情、心理が理解出来ない。

ADHDの夫(妻)(軽度の知的障害含む)は相手を性の対象としてることが多く、

人柄や性質に関心を持たず、そと見や甘えられる対象として相手を選ぶ。

また、新奇追求傾向から飽きやすくて新しいものに次々と興味を示していきます。

人に関しても同じく、恋愛でも初めは期待で盛り上がるが冷めるのも早い。

情緒的な結びつきが持てず、会話が乏しいか自分の話ばかりするのが特徴です。

何事も自分にあてはめて想像することができません。

こう言ったら相手が不快になるなと、過去の経験から予想を立てているにすぎません。

そのため感情の食い違いが多くなってきます。

情に薄く耐性に弱いために夫婦は早い時期に破綻がきます。

夫は自己を満たすため常に好きに行動していきます。

こちらの記事もご覧ください→ADHDは遺伝が主な原因 ADHD親の特徴と子どもの確率

発達障害ADHD無関心な夫の特徴

結婚のトラブルに、女性問題、金銭問題、嫁姑問題がありますが、自制のなさや認識に欠く発達障害が原因であることが多い。

  • 女性問題  不倫で離婚に至る
  • 金銭問題  日頃の金遣いの荒さ、買い物依存、ギャンブル依存など
  • 嫁姑問題  親離れできず嫁より母との絆が強い 支配型姑の掌中にある

精神的成熟がなく、結婚生活で夫、父親の立場で、妻や子供を支える自覚に薄い。

自己の欲求に忠実で人生設計がなく、家族の生活が不安定になる。

自由勝手さから代の継承の自覚がなく、自分の代で家を終わりにすることが多い。

シングルマザーや貧困の原因です。

こちらの記事もご覧ください→ADHD、アスペルガー併発 特性を活かす仕事と避ける仕事 適職を考える

ADHD浮気夫の取扱説明書

他者視点に立てず、関心が自分にしか向かない障害特性から、良心に訴えても効果はありません。

妻は浮気が止まない夫と今後も続けていくかどうかです。

止まない浮気の多くは発達障害に原因があり、精神的な成長はまず望めません。

否定をして責めると、全面拒否と受け取り、すぐに耐えられなくなります。

謝罪の気持ちがないので、改めるより状況を悪化させることになります。

妻は発覚しても気持ちを一旦抑えることです。

その場その場のうそや言い訳で、まず話し合いにはなりません。

あまり追い詰めると暴力に発展し危険なこともあります。

子供や生活のためとはいえ耐えがたいでのすが、止まない浮気の根本的解決は難しいでしょう。

妻が自己顕示欲の強い身勝手な幼い夫を、我が子のように愛し支え徹しきれるかどうか、もしくは放任する。

妻が夫への精神的つながりを求めず、割り切られるなら家庭を守ることが出来ます。

そんな人生はもっぱらごめんというのであるなら、確かな証拠をしっかり掴んでおくことが大切です。



まとめ

妻にとって、止まない夫の浮気は悩みだけに終りません。

このことは社会問題である貧困やうつ、自殺にも関係しています。

機能不全家族の環境で自己形成した子供のへの影響も大きく、繰り返しやすい傾向があります。

このことは障害によって分からずに繰り返され、その家族、子供が一番の犠牲になるのです。

こちらの記事もご覧ください→無気力、無関心の原因は発達障害ADHD親の養育にあった

6 件のコメント

  • はじめまして。記事をいろいろ拝見させて頂きました。過去離婚2回モラハラとDVで経験し、現在は15歳年下のADHD男性と3年交際している53歳女性です。現在の彼との関係で悩んでいます。こちらの気持ちに共感してもらえないからか、都合の良いように使われてしまうからか、心の交流が感じで寂しさが伴います。しかし、健常者との関係だと、どんな関係が作れるのか、心の交流ができるのか経験がないため知りません。例を示して教えていただけたらありがたいです。もしかしたら、別れるきっかけが作れるかもしれません。よろしくお願いします。

    • コメント、そしてブログを見て頂きありがとうございます。
      心の交流とは友人間にもいえることですが、話(意味)が通じ合う、かみ合う、理解し合う、尊重し合う、といったことかと思います。
      一緒にいて楽であったり、楽しい、落ち着く、満たされる、癒される、といった感情に互いが感じられることです。
      一言でいうと安心感です。また会話がないときもそう感じられることです。
      相手に、伝わらない、聞いてくれない、否定される、また話しかけると嫌がられるといった状況がしばしばあると、寂しさや不安を感じます。
      発達障害の妻がよくなる感情です。
      人を見下したり幼い相手に、安心感は求められません。
      自分自身の内面の統合、整えることがまず大切です。

      http://hattatusyougai-ac.com/%E4%B8%8D%E5%AE%89-%E8%A7%A3%E6%B6%88-%E6%96%B9%E6%B3%95/

      よろしければ、こちらのブログご覧なってみてください。
      ありがとうございます。

  • コメント失礼します。こちらの情報が一番的確でリアルにADHDの事が書かれており勉強になります。
    全て当てはまっています!!
    彼がADHDなのですが、何もかもその通りです。
    情けないです、自分が。。。
    それでもわかって期待している自分が情けないのです。
    病院へ行ってくれたのも、二回だけでお薬も中途半端でやめてしまい。意味がありませんでした、
    本人は、変わる努力などしません。それより、人のせいや嫌な事は後回しにして、言い訳ばかりです
    もしちゃんと病院へ行ったりお薬を飲み続ければ、少しは改善?認知?とかはできるクセはつくのでしょうか??

    • 薬は、症状を抑えるだけで認知できる効果はありません。
      健常者の考えや一般の常識を説得しても、そもそもの認識が健常者と異なります。
      決めつけることはよくありませんが、他者の心情をくみ取ることが難しいのです。
      責めたり、追い詰めることは逆効果になりかねません。
      障害の特性から、相手を変えることは困難であるので、
      ご年代が分かりませんが、反対に相手を許容するということも一つかと思います。

  • 以前にもコメントさせていただきました者ですが、失礼します。
    浮気を何度も何度も繰り返され、別れるのが賢い選択だとわかっていましたが、自分の好きだという感情と相手から謝罪があると許し負けてしまう自分の意志が弱いのですが。
    ADHDの彼の言葉には、何が真実で何が嘘なのかも見極めれないほど自分が弱っていました。
    信じたくて、それ一心で頑張ってきましたが。
    結局は「おまえがやいやいうるさく、ひつこく怒るから家にも帰りたくなくなった!
    結婚もできなかったし、浮気されてもしかたない」と、言われて。
    あげく私とちゃんとお別れする話をのばしたまま、
    新たな彼女をみつけ出会って間もないその彼女と結婚します。。
    こんな人の気持ちがわからない欠落しているのに
    なぜ魅力があるのか、もはやサイコパスではないのかと思えます。
    同じADHDの方でも、症状は様々なのでしょうか?
    ちなみに彼は離婚二回、犯罪歴あり、ただ仕事は真面目です。遅刻はたたありますが、、、

    私は5年近く一緒にいましたが。
    少しマシになったのは、衝動買いはおさまったような気がしますが私が管理していただけだからでしょうか??
    自己破産もしたから、仕方ないく止まってるだけなのでしょうか?
    一生懸命に頑張ってきたつもりでしたが。
    アッサリ彼女をみつけ結婚が決まるだなんて
    私が然り続けたのが、悪かったのか。
    私だから、浮気ばかりされていたのかと悩み自信がなくなります。
    彼は38歳です。この衝動的なADHDは少しマシになったりするのでしょうか、、、

    • 特性なので基本的に変わらないです。新しいものに興味を持つ性質と、こじれた関係には特に執着はないので難しいのではないでしょうか。
      38歳であれば尚更、これからです。同じ性質同士であれば、互いに自由に行動しながら干渉せず関係が続くこともあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です