恋愛、結婚する相手が発達障害ADHDだった 引きよせ合う関係性とは

人は、一番近い関係であるパートナーを無意識に、親の代わりとして選ぶ

彼氏、彼女、妻や夫が発達障害ADHDであるのは、引きよせ合う理由がある。

引きよせ合うとは、縁がある、類は友を呼ぶ、同じ次元、であるなどといわれる。

親の代わり、つまり、馴染みのあるパートナーを恋愛、結婚相手として引きよせる。

親に似た人、もしくは親からもらえなかった愛情を求めて、パートナーを選ぶ。

また、親と違う反対のタイプの人を求めたとしても、家族性(似る)から、

親と共通項のある相手を引きよせる。

発達障害 引きよせ合う理由

例えば、親が支配性が強く子供が従ってきた場合、子供は精神的に依存性が高くなる。

そして、自主性に乏しく他人本位で、他者に振り回されやすくなり、

パートナーの関係になる重要な決断さえも、自分の意思がなく相手によって押し切られることが多い。

それは、自信の無さやさみしさが根底にあるからである。

友人、異性、夫婦関係のどの関係においても、主導権を相手に握られることも多くなる。

その後の関係も、もちろんいうまでもありません。

また、そうした関係に慣れていて、抵抗がなく馴染みがあるのです。

言いかえれば、そうした関係を自ら招いた、引き寄せたともいえるのです。

人に支配される原因は、親によって自己肯定感を持てなかった、その人の意志の弱い性質です。

そして、支配性が高く子供の自己肯定感を奪う親は、発達障害特にADHD親、多動衝動優勢型である傾向が高い。

発達障害 特徴

人間らしさは、脳の前頭葉にあります。

共感性がない、痛みを感じない、人の感情が分からない、良心の呵責がない。

大人の発達障害ADHDの人は、表向きの人当たりの良さからは、一見結びつかないこうした性質がある。

ADHDは障害の特性から、自分の側からしか物事を捉えられない。

そして、自分が理解出来ないことを真向から否定します。これらは認知の欠如に原因がある。

そのため、言動が突飛で人間関係においても一方的かつ支配的、他者を思うようにできる錯覚がある。

それは、日頃の上からの物言いにあらわれる(健常者は使い分けている)

これらのことから、発達障害ADHD多動衝動優勢型の、恋愛、結婚は長く続かない傾向がある。

こちらの記事もご覧ください→毒妻、毒夫になりうるADHD,アスペルガー発達障害でお悩みの方へ

ADHD恋愛、結婚相手を引きよせる傾向

他者理解がない発達障害の人は、一方的で自己中心的になります。

支配的で攻撃的な親は、子供にマイナス的な言葉かけで責めることが多い。

自己顕示欲の強い発達障害親に押さえつけられてきた健常者の子どもは、親とは反対に自我が育たず自分を出せない。

人格形成時期にこうした環境で育った子供は自信がなく、親との同じような人間関係を他者でも結びやすい。

そして、発達障害のコミュニケーションが苦手な性質を親から受け継いだ子供は、積極的に自から人と交われない。

よって相手主導の安易な関係を持ちやすい積極的的で行動的な、ADHDとの関係である。

初めは相手に好意をもっても、ADHDの支配性から対等ではなく上下の関係なので、不満が多くなる。

それは、親子と同じ関係性である。上下の関係に良好な関係はない。

よって長く続かず、ADHD多動優勢型の恋愛、結婚はうまくいかず離婚が多い。

こちらの記事もご覧ください→不幸な疾患ADHD。恋愛も結婚も長続きしない!大人発達障害の特徴

自己肯定感を上げる

こうした負の関係は、気付かずにいると今後もずっと繰り返していきます。

払拭するためにはまず、自己肯定感を上げていくことですが、どのようにすればよいのでしょうか。

まずは、長年の親からの影響で歪んでしまった捉え方や考え方を、一つ一つ修正していきます。

例えば、人との関係で落ち込んでしまったったり、自信がなくなる、不安になってしまうなどの感情に陥いった際の捉え方です。

そのような感情になるのには、長い習慣の考え方や強い思い込みで偏っていることが多くあります。

このことを少しずつ認知していきます。

自分を大切にする、そして自分を愛せる人が、他人を大切にし愛することができるといわれます。

人との関係を良好にするために、その前段階として、こうした捉え方のトレーニング(認知行動療法)が重要であるようです。



認知行動療法

機能不全家族で、うまくいかない人間関係や生きずらさを抱える場合、親の偏った養育であることが多い。

親の行動を繰り返さないために、認知行動療法があります。

医師やカウンセラーにかかることに抵抗がある場合、書籍でも出版されています。

下記の本はもともと、うつ病の人の治療法で認知行動療法を広めるきっかけとなった名著です。

治療機関でのプログラムの教本、学校でのテキストとして用いられ、書き込みワーク式で個人で使用も可能です。

軽い心の問題を抱えて悩んでいる人にもぜひ、おすすめしたい本です。

あらゆる不安怒りを解消する方法や、自尊感情を通り戻す方法が書かれています。

まとめ

うまくいかない関係は原因があります。

また、その原因が真に分からないことにある。

発達障害の人は大人になれない障害といわれ、パートナ―、子供さえ支え受け止めることが出来ない。

欲求に率直で一方的なことから、人間関係が長く続きません。

またADHDの人と引き合うにも理由があった。

同じタイプであるか、もしくは依存心が高い。

分からないとは、原因が常に自分になくにあることです。

人との関係でうまくいかない場合、自分が相手に何を求めていたのか、求めるばかりだったか考えてみることです。

それが自分にとって相手にとっても、良好な関係でいることができるかどうかです。

こちらの記事もご覧ください→大人になれない障害ADHD毒妻毒夫との不幸な結婚 それは決して性格ではない

2 件のコメント

  • まさしくです!はやくこの場を知るべきでした、
    彼がADHDでした。散々な日々が続いて疲れはてました。
    借金、浮気、離婚、犯罪、彼は繰り返しても何も反省することなどありませんし、その彼の家族もそうです。。
    何故、私はこの様な人を好きで一生懸命したのかわかりませんでしたし、私自身もADHDなのか?と、疑念がありましたが。よくよく考えると私の母、父がどうやらADHD傾向のような気がします!
    調べておりませんが。そんな気がしてなりません。
    私が小さい頃は、ちゃんと育ててもらえなかったし、両親共々自分らの好きな様な生き方をしていましたし。
    何より、褒めてもらったことなどありません。
    ブスだからとかバカだとか、言われてきた事だけ覚えております。

    • コメント、そしてブログを読んで頂きありがとうございます。
      森さんは、ご自身や周りの人のこともよく分析されていますし、
      ご両親と森さんは、親子でいらしても人生も違い、そして違う人間です。
      これからの森さんの人生は、よりよくすることが出来ます。
      多くの人が親に影響を受けていますが、そのことを自分では分かりにくいものです。
      今後のよりよい人生のために参考にしていただける内容を、ブログが不十分でしたので追記致しました。
      よろしければご覧になってください。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です