大人になれない不幸な結婚 性格ではないADHD特性

他者との共感に乏しい発達障害の人にとって結婚は適さない。

夫婦は喧嘩をして空気のような存在になる、発達障害の夫婦は波乱が尽きない。

 発達障害

発達障害は脳の機能障害で、認知に偏りがあります。

発達障害者はそもそもメタ認知(自分自身のものの見方や考え方に気づくこと)が弱いため、自分自身を客観的に正しく認識する「自己認知」が苦手です。また、他者を正確に認識する「他者認知」が苦手です。 発達障害を仕事に活かす 星野仁彦 p97~

発達障害は認知の偏りといわれ、健常者の認識と大きな隔たりがあります。

ためらいのない言動が一方的で自己中心に映ります。

性格や個性ではなく障害特性で、常に意識が自分の内側にあります。

自分を頑なで争いが絶えず、夫婦ならパートナーや子供を従わすことになります。

(カサンドラ症候群)

 ADHD 結婚生活の特徴

結婚生活は、こうしたADHDの行動にことごとく規制が入り波乱が絶えない。

愛されたい要求が強い反面、愛情を捧げることに乏しい。

満たされなくなると他に求め、浮気や不倫をしやすい。

夫婦は早くから気持ちが冷め機能を果たさない。

自分の好きなことを優先する夫婦は、生涯喧嘩が絶えない。

 ADHD 夫婦の特徴

1 気持ちが通じ合わない

2 相手への情や信頼がうすい

3 言い争いが絶えない

4 好きに行動していく

5 すぐに破綻する

(夫婦の組み合わせで違いがある)

 毒妻、毒夫 ADHD多動衝動性

ADHDの人は自己抑制、ストレス耐性共に低い。

不注意、多動、衝動のうちの多動衝動優勢型の人は様々な問題が起こりやすい。

  • 食欲、性欲、物欲を抑えられない (不倫、買い物依存、アルコール依存)
  • 怒りを抑えられない (DV、虐待)
  • 我慢が出来ない  (争いが多い)
  • やるべきことをやらない、後回し (家事、育児、仕事)

結婚というしがらみに耐えられず自己崩壊する。

ADHD毒妻、毒夫とは、自らを改めることが出来ない妻、夫のことである。

 ADHDは3タイプ

 多動・衝動性優勢型 (多弁でせっかち)

2 不注意優勢型 (多動がおさまる)

3 混合型 (両方がある】

多動・衝動性優勢型の人は支配的でトラブルも多い。



 ADHDの特性

1 実年齢より若い(楽観的)

2 親しみやすい

3 浪費が多い(衝動買い)

4 話を長くきけない(関心、反応が乏しい)

5 初対面でも臆さない(緊張がない)

6 はっきりしている(自己主義)

7 上からの態度(謙虚さに欠ける)

8 キレやすい(耐性が弱い)

9 嘘をつく

10 常に今を生きる

11 関心が常に自分に向いている

こちらの記事もご覧ください→イライラして怒りやすいのは脳機能の低下が原因 大人の女性ADHDの特徴

 ADHDの対応

発達障害の人は、0か100の両極思考で、好き嫌いがはっきりしています。

また、否定は全面拒否と捉え、人との関係がすぐに終りやすい。

パートナーは理解が必要です。

こちらの記事もご覧ください→身近な発達障害 大人の女性ADHDの特徴について

 まとめ

一人になって落ち着く時間や場所が必要なADHDの人にとって、相手の身になり心を寄せることは本意ではありません。

なので結婚生活は安らぎの場にならないことが多く、長く続きません。

ADHD多動衝動優勢型の妻、夫は些細なことから喧嘩も多い。

互いに好きにやりたい夫婦は、自分のことで精いっぱいで相手のことを考える余裕がありません。

パートナ一は一緒にいても空虚だと感じるでしょう。

特性をよく理解し、互いを許容することが不可欠です。

こちらの記事もご覧ください→不幸な疾患ADHD。恋愛も結婚も長続きしない!大人発達障害の特徴