ADHDの赤ちゃんの多動の兆候はいつから見られる?

発達障害ADHD多動の兆候は、生後すぐの赤ちゃんにはあらわれません。

ASDの赤ちゃんには、しだいに泣かないなどの特性があらわれてきます。

乳児期にもADHDの特性が見られることはほとんどありません。

中には泣き始めてなかなか泣き止まない、寝つきが悪い、ミルクをあまり飲まないなどの赤ちゃんがいます。

成長経過は、個人差があるのであまり神経質にならないほうが良いでしょう。

多動の特性の兆候はいつからか

ASDの赤ちゃんは、泣かない、笑わないなどの特性の兆候があらわれるのに対し、

ADHDの赤ちゃんの場合、特性はほとんど見られません

ADHDの多動などの特性の兆候が出てくるのは、2歳前後、2~3歳ごろからが多いです。

ADHDの多動の症状は、何度言っても聞きわけがなく、少しもじっとしていられないといった行動が見られます。

しつけや学習で努力しなければならない時期に、分かってきます

3~4歳ころの子供のADHDの兆候のサイン

  • じっとしていない
  • しつけが出来ない
  • 興味の対象がよく変わる

多動性の診断基準

以下は、多動のみの子供の兆候です。

DSM-5 ADHDの診断基準

  • 着席中に、手足をもじもじしたり、そわそわした動きをする。
  • 座っていなければいけない場面で席を離れる。
  • 不適切な状況で、走り回ったり高いところに上がったりする。
  • 静かに遊んだり、余暇を過ごすことができない。
  • 衝動に駆られて、突き動かされるような感じがして、じっとしていることができない。
  • しゃべりすぎる。

以下の多動性/衝動性の特性が6つ以上あり、6か月以上にわたって続いている。

こちらの記事もご覧ください→ADHD子供の多動の特徴 いかに備え敏速に対応するか



相談できる公的機関

子供がもしかして発達障害かなと思ったら、各市町村にある公的機関を利用できます。

小学校入学前ですと、以下の通りです。

  • 保健所・保健センター

乳幼児期だけでなく、学童期も相談できます

  • 児童相談所

相談以外に、専門医のいる医療機関を紹介してくれるところもあります。

  • 発達障害支援センター

定期的に発達の相談や二次検診があります。

こちらの記事もご覧ください→軽度の子供ADHDの症状とは?早期発見と早期介入 特性を把握し適切な対応をする

医療機関

医師の診断を受けたいときは子供の場合、専門外来のある小児科、脳神経小児科、児童精神科を受診するといいです。

現在、発達障害を専門に診れる医療機関はまだ少ないのが現状です。

近隣の医療機関を調べて直接聞く、もしくは発達障害者支援センターで相談して紹介もしてもらえます。

発達障害の診療が行える医師一覧

日本小児神経学会「発達障害診療医師名簿」

こちらへ

まとめ

赤ちゃんに発達障害の兆候があらわれても、普通の赤ちゃんにもみられたりします。

反対に、ADHDの赤ちゃんの場合すぐには特性が分からないのです。

もしそうだとしても、保護者だけで抱え込まず公的機関で相談しましょう。

同じ発達障害の子どもを持つ親同士が集まる「親の会」もあり、情報交換や勉強会の参加もできます。

日頃の悩みやストレスが軽減されることが期待できます。

こちらの記事もご覧ください→ADHDは遺伝が主な原因 ADHD親の特徴と子どもの確率

こちらの記事もご覧ください→ADHD遺伝の確率と原因 兄弟の違いは?起こりうる問題とは?