コミュ障の大人アスペルガー の特徴 恋愛、結婚の克服法はあるか?

大人のアスペルガーの人は、

  1. 恋愛相手に気持ちはあるが相手に伝わらない
  2. 恋愛や結婚に対して真剣に考えてるがうまくいかない

と感じているようです。

そのようになる原因はアスペルガーの特徴にあります。克服法はあるのでしょうか。

アスペルガー 恋愛、結婚をしたい理由

1 相手を本当に好きであるか

相手のどういうところが好きか

いつも一緒にいたいか

相手に受け入れてほしいだけか

2 恋愛をしたいだけ

相手を思うより結婚をしたいからか

結婚という形式だけにこだわっている

恋愛、結婚をしたいと思う理由はとても重要です。

恋愛、結婚がうまくいかなくなると、なぜ恋愛、結婚をしたんだろうと思います。

好きだと思っても、自分の欲求を押し付けていただけだった。

結婚のは恋愛とは違い、好きな気持ちだけでは成立しません。

恋愛、結婚した理由こそ、後の結果の原因として決定的になります。

動機や理由をしっかり確かめることです。

恋愛、結婚は多くの人にとって他者理解が求められます。

精神的な大人であることが長続きする要因です。

大人の定義とは

大人の定義とは、自己、他者共にを尊重出来る

大人とはこんな人です。

1 イライラせず、不機嫌にならない、怒らない人

常に自分の感情をコントロール、自己抑制することは以外に難しいことです。

小さなことのように見えて、不機嫌であったり怒ることは人を不幸にする原因です。

2 人の話をしっかり聞ける。

誰にでもでき普通のことのようですが、以外にそうでもないものです。

なんとなく聞く、ボーと聞く、話半分しか聞いてない、聞いてるふりする、違うことをしながら聞く、など。

人の話をしっかり聞くことは、きちんと相手を受け止めることで、

自分のことばかりでは相手の話を聞くことが出来ません。相手に関心を持つことです。

大人のアスペルガーである発達障害の人は、この1と2どちらも大変苦手です。

こちらの記事もご覧ください→ADHDやアスペルガー、併発した女性はどういう人?職場や家庭での症状は?

アスペルガーの恋愛、結婚がうまくいかない原因

アスペルガーの障害の特徴にあります。

まず自己認知し特徴を十分に知ることで原因を理解することです。

恋愛、結婚がうまくいかない原因が分からないと何度も失敗を繰り返してしまいます。

辛い経験ばかり積むと自信が無くなっていきます。

アスペルガーの障害特性とは

1 他者認知に欠け人に関心がない

自己中心的な言動になってしまい、相手に顰蹙を買うことが多くなります。

パートナーは、アスペルガーの人の一方的な言動に、一緒にいても寂しさを感じたりします。

アスペルガーの妻が、カサンドラ症候群という疾患になることは有名です。

恋愛、結婚に限らず人間関係は、気持ちの交流がなければ長続きしません。

2 こだわりが強い

こだわりは、自分だけで終わらず相手に対しても求めたりします。

また人付き合いにおいて窮屈でマイナス要素になります。

アスペルガーの人の、怒りやすさはこだわりが原因です。

アスペルガーの恋愛、結婚に克服法は

原因が分かればうまくいくかは少し別のようです。

恋愛、結婚は相手の気持ちを知り、交流することになります。

それを負担がなく続けられ、人との関わりに楽しさや喜びを感じるか。

パートナーに十分に理解してもらい、自身も努力を惜しまないことです。

アスペルガーの人にとっては、本来の生き方に逆らうことかもしれません。

自分をおさえてまで恋愛、結婚を求めるかの選択でもあります。



まとめ

アスペルガーの人をはじめ発達障害の人は、自分の問題に気付くことがなかなかできません。

自分の行動を改めることが出来ず同じ過ちを繰り返してしまうことがあります。

障害に理解があり適切なアドバイスができる人が傍にいることが望ましいです。

こちらの記事もご覧ください→特徴の違うADHDとアスペルガーの併発とは?分かりにくい診断の原因